社員紹介

ものづくりの奥深さと面白さを日々実感しています(営業事務係)前原克也

仕事や会社についてのインタビュー

入社のきっかけは?

元々ものづくりに興味がありました。就職活動の際、広島メタルワークのブースに行き、そこでこんなものが作れるのかと興味を持ちました。歴史もありますし、企業として魅力を感じました。

どんな会社ですか?

若い人が多く、活発に様々なことを率先して行っている企業だと思っています。それと、他社と比べても工場がきれいなのではないでしょうか。だからストレスも少なく、仕事がしやすい環境だと思います。それに社員同士も会話が多く、仲がいいです。新卒採用でも中途採用でも、対人関係の点ではやりやすいのではないでしょうか。

働いてうれしかったことややりがいは?

納期が厳しいときでもなんとか対応し、お客さんに感謝されるとうれしいです。
それに私は外部に依頼する仕事も多いので、お取引先とやり取りして、それが理想通りの形になり、きちんと出荷されてお客さんのところに行って…と仕事をやり遂げると、達成感を感じます。

入社前とイメージが違った点は?

入社前は、ものづくりといっても自分自身ははんだごてを少し触ったことがある程度でした。現場で見ると、機械や製作物の規模も大きいですし、造形やそのサイズを見て、こんなものも作れるんだと驚きました。ひとつの工程ではなく、流れでものづくりを把握できるようになりました。自分で言うのもなんですが、広島メタルワークは加工のプロ集団だと思います。だから早くから能力が身につきますし、若い人も含めて一人ひとりのスキルが高いと思います。興味を持った方は、ウェブサイトを見るだけでなく、実際に工場を見に来てほしいですね。

入社して自分自身が変化した点は?

私はもともと口下手な方ですが、仕事となるともちろん電話などをする機会も多く、話し方などが以前よりは上達してきたように思います。入社当初と比べると、社内外の人と率先してコミュニケーションを取るようになりました。
特に心がけるようになったのは、当然のことですが、間違えないことです。あやふやなまま進めて取引先から間違ったものが来たら、現場に迷惑がかかってしまいます。わからない部分はお客さんにきちんと聞くとか、わかりやすい図面を書いて依頼するとか、そういった基礎の部分を特に大事にするようになりました。

今後の目標は?

もっと自分から発信していく力を高めていきたいです。今は外注さんから「こういう風にやってみては」などと言われることが多いのですが、それを自分から気付き、提案できるようになりたいです。それ以外にも、資料作りにしても、加工方法にしても、人から言われる前に積極的に自分で作ってみたり実践したりできるようになりたいと思います。

1日のスケジュール例

8:00出社、身の回りの掃除

8:15全体朝礼、ラジオ体操、部署内ミーティング

8:30ベトナム事務所へのデータ作成依頼

10:00休憩

10:05注文確認、受注入力、社内で納期の調整

12:05昼休憩

12:55伝票整理

13:30外注手配

14:55休憩

15:00引き続き外注手配

16:00受注金額や内容を集計、上司に報告

17:00定時退社

17:10~残業(仕事に応じて)

その他の社員紹介

  • 溶接兼生産技術係 森下 太
  • ベンダー係 江田 真広
  • 仕上出荷係 木下 翔
  • 工程管理係 上野 亜子