技術紹介

主にステンレス、鉄、アルミニウムの加工を行います。

表面仕上げ

  • 研磨鏡面加工、ヘアライン加工、バイブレーション加工 など

切断

  • レーザーカットにより0.3-12mmの板厚を切断します
  • 材料自動移動システムにより無人操業を可能にしています

曲げ

  • 0.5-16mmの板厚を曲げます(長さによる)
  • 3D画面により曲げ可能確認できます
  • 新規加工時にデータを蓄積することで、リピート時の時間を短縮します

切削・タップ・鋼材切断

  • 旋盤、フライス機、ボール盤、ノコ盤による加工が可能です

溶接

  • 主にティグ溶接で、手溶接での溶加棒加工も可能です
  • その他、半自動用溶接やスポット溶接もお受けします

焼け取り

  • 溶接による焼けを電気分解液によって除去します

仕上げすり加工

  • 製品形状に合う工具により多様なすり加工が可能です

製品管理

  • PCシステムによる製品進捗・出荷の把握、検査部署による品質の管理を行っています

業務の流れ