社員紹介

自分自身を成長させてくれる機会がたくさんあります(ベンダー係)江田真広

仕事や会社についてのインタビュー

入社のきっかけは?

高校生のとき、進路の先生に「あまり規模が大きすぎず、街中よりも郊外の会社で働きたい」と希望を出して紹介されました。なんとなくそういう会社の方がのんびりしていて自分に合っていると思ったからです(笑)。

実際に入社して、イメージと違った点は?

入社前は、もっと厳しいイメージがありました。怖い人ばかりなんじゃないか、ちょっとしたことで怒られるんじゃないか、っていう。でも実際には優しい人ばかりで、そんなことはなかったです。他の企業から転職してきた人たちから話を聞いても、以前の会社よりも働きやすいという声をよく聞きます。

どんな会社ですか?

社長を始めとして、上の役職の人って自分からは遠い存在ってイメージがあったんですけど、広島メタルワークではそんなことはありません。普通の会社だったら、社長や部長って接する機会が少なかったり、何かをこちらから言ったりってなかなかできないかもしれません。でも広島メタルワークでは社長も部長もいつも同じ食堂にいますし、こちらから提案する機会もあります。それに提案したことにすぐ動いてもらえて、反映させてくれます。距離感が近く、前向きにこちらの意見を聞いてくれるので、ちょっとしたことにもやってみよう、もしくはやってみなさい、とサポートしてくれます。実際、自分が担当する工程が少し詰まっているときに、前後の工程でこうしてみてはなどの要望を出したところ、すぐに反映されて改善しました。すごく動きが早く、常によりよいやり方はないか、と検証しています。

働いてうれしかったことややりがいは?

他の工程の人達に、後ろの工程が間に合ったよ、とか、難しいのを曲げてくれてありがとう、などと言われると達成感があります。また、普段は私のベンダーの工程は3名で、私以外の2名は20代前半と若いのですが、彼らが一生懸命がんばっている姿を見ると、自分もがんばらなければ、と励みになります。

会社のよいと思う点は?

勉強会や講習会などの学ぶ場を多く設けてくれる点です。他社を見学する機会も頻繁にあります。また、委員会が3つあり、自分の作業以外のことも幅広く学ぶことができます。基礎から学ぶ機会があるのはうれしいです。
それと、社員に前向きで誠実な人が多いと思います。私を含め、「みんなのために」という意識が前提としてあると思います。周囲の人が大変だったり、負荷がかかっていると思ったら、何とかしてあげたいと考える土壌があります。ただ言われたモノを作る、というだけではなく、互いに体調を気遣ったり、サポートしあったりする雰囲気があります。

今後の目標は?

「これは一体どうやって作ったんだろう?」と驚かれるような製品を作っていきたいです。それに、自分だけでなく、周囲の人もほめてもらえるような仕事をしていくことが目標です。一緒に働いている回りの人たちが、評価されたり褒めてもらえたりと、その人たちのいいところや目に見えない努力がきちんと評価されるようになったらうれしいです。

1日のスケジュール例

8:00出社、身の回りの掃除

8:15全体朝礼、ラジオ体操、部署内ミーティング

8:30曲げ加工

10:00休憩

10:05引き続き曲げ加工業

12:05昼休憩

12:55PCで進捗確認後、引き続き曲げ加工。ローラー曲げを行う

14:45曲げ担当者一人ひとりと打ち合わせ、体調もチェック
     本日の作業完了予定と残業申請を提出する

14:55休憩

15:00引き続き曲げ加工。ローラー曲げを行う

16:45掃除と明日の確認

17:00定時退社

17:10~残業(仕事に応じて)

その他の社員紹介

  • 溶接兼生産技術係 森下 太
  • 仕上出荷係 木下 翔
  • 工程管理係 上野 亜子
  • 営業事務係 前原 克哉